人気ブログランキング | 話題のタグを見る

202号室、できあがりました。

更新していなかった間にきれいにできあがり、202号室は素敵な入居者さんがお洋服、リサイクル家具、オブジェなどのお店を開かれました。
せっかくなので、出来上がったお部屋の写真をアップしておきますね。
202号室、できあがりました。_a0128029_17362941.jpg
床材はカフェ板と呼ばれる、30ミリ厚の杉板です。これはオイル塗装前の写真なので、少し白っぽく映ってますね。
202号室、できあがりました。_a0128029_17364388.jpg
全体的に廃材を使ったり、柱を残したり、元のお部屋の記憶を少しとどめながらのデザインです。師匠、岡村修建築士によるデザイン。
202号室、できあがりました。_a0128029_17361574.jpg
このお部屋は南側に窓が多く、日差しが綺麗に入って暖かなお部屋です。
202号室、できあがりました。_a0128029_17382374.jpg
こちらが、「ra]さん。番傘といい、照明といい、雰囲気が良くてため息がでます。
202号室、できあがりました。_a0128029_17381021.jpg
土日の午後、ひっそりとオープンしています。ぜひ、お越しくださいね。
インスタアカウント:ra202tamagawabuild


# by tamagawablg | 2022-12-05 17:46 | リノベーション12(202号室)

506号室、空きます!

更新をなかなかせずにすみません(^^;
606号室は無事に入居者さんが決まりまして、素敵な方に入って頂いています。
506号室、空きます!_a0128029_15344394.jpg


さて、今日は506号室の案内です。
スペースRデザインさんにデザインして頂いたお部屋で、梁下や棚下のブルーがアクセントになった事務所仕様のお部屋です。
広さは約30㎡。
玉川ビルの歴史の一部として柱を一本残しています。
詳しくは、スペースRデザインさんのHPをご覧ください♪
今月半ばに退居で、そのあと大急ぎで補修しますので、ぜひご検討くださいね。
スペースRデザイン HPはこちら↓
スペースRデザイン

# by tamagawablg | 2022-12-04 15:37 | 最新情報(空室案内含)

202号室、順調です!

大工さんが入られる前に家族も動員して済ませた壁の塗装。
いつもと同じく、アレス漆喰という漆喰塗料を使っています。
今回は特に厚塗りしてみましたので、調湿や消臭に役立ってくれるかも?と期待してます。

先週土曜日からは大工さんが入られ、着々と床張りをやってくれています。カフェ板は厚みもあって柔らかいので簡単と思います、と言っていたのですが、実際は解体せずに残した根太が微妙に歪んでいるらしく、被りの浅いカフェ板を真っ直ぐ貼るのに苦労しておられます💦

それでも見に行くたびに少しづつ進んでいて、つい何度も確認に行ってしまいます。この過程がとても好き!
これは昨日の画像。高く積まれた床材の下に、少しだけ板が貼られています。
202号室、順調です!_a0128029_20254871.jpeg
近づけるとこんな感じ♪

202号室、順調です!_a0128029_20260140.jpeg
202号室、順調です!_a0128029_20261574.jpeg
最後は今日の朝の画像。少しづつ進んでいて、木の香りがお部屋いっぱいに。
事務所に店舗、どんな使いかたをされるのか、今からたのしみです!

# by tamagawablg | 2022-04-26 20:20 | リノベーション12(202号室)

上塗り塗装1回目

今日は日曜日ですがお天気も良いし、大工さんが週末から入られるのでその前に塗装を終えておきたくて、玉川ビルに。
夫に手伝ってもらいながら、今日も高い天井に悪戦苦闘しながらアレス漆喰を塗りました。
下塗りを終えた一昨日の段階でもちょっと気持ちよくはなっていたのですが、やはりこのアレス漆喰という塗料は空気感が少しづつ変わってきます。43年もご入居だったので汚れもひどかったことから、漆喰塗料もかなり厚めに塗りましたが、それがよかったのかも!
終わった頃にはいつもの凛とした空気を感じました^o^
あと1回、次はどんな方が入られるかなーと妄想しながらがんばります!
上塗り塗装1回目_a0128029_17531650.jpeg
上塗り塗装1回目_a0128029_17534679.jpeg

# by tamagawablg | 2022-04-17 17:44 | リノベーション12(202号室)

202号室、リノベ中です!

3月半ばに空いた202号室は、とても天井が高く窓も多く風通しの良いお部屋です。 
このお部屋をどんなふうに変えていこうか……と師匠である岡村建築士や大家仲間のYさん、そしていつもお世話になっているスペースRデザインの担当さん……といろんな方に相談したところ、この天井の高さは店舗や事務所にピッタリでは?とアドバイスをもらいました。
最初少し迷ったのですが、このお部屋は43年にもわたってご入居いただいたこともあり部屋の傷みが激しく、建具や壁など補修ではなかなか元に戻らないこともあり、思い切って久々にスケルトンにしてみました。

202号室、リノベ中です!_a0128029_21230250.jpeg

イメージとしてまず最初に思い描いたのは、作家さんが制作と販売をされるような店舗!
でも、事務所やギャラリーでもいいなあ、と作っているところです。
お部屋はこのまま仕切りは無しに、写真左に残っている柱のうちの2本は、玉川ビル遺産として残そうかと思っています。
壁や押し入れを撤去した跡もそのままに、今週末に仲間に手伝ってもらって塗装をするつもりです。お風呂場はそのまま給湯室に。
このおへやも、入られる方がその方のセンスに合わせて作り込んでくださったら、と思い、作り込みはほとんどせず、できるだけシンプルに仕上げる予定。
随時、載せていきますね。楽しみにしていてください!

# by tamagawablg | 2022-04-11 20:41 | リノベーション12(202号室)